医師紹介

院長

梅田 さやか

自分自身が、ニキビ、蕁麻疹、円形脱毛症など皮膚トラブルに悩まされてきたことがあり、皮膚科医を志し、大学病院で勉強してまいりました。今までの経験を生かし、患者さま一人一人のお悩みやご希望に耳を傾け、最善の治療を選択、提案していきたいと思います。ささいなこと、話しにくい事でも、どうぞお気軽にご相談ください。

また一人の女性として、常により高い美意識を持ち、美容医療を実践していきたいとおもっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 2006年3月
    日本大学医学部 卒業
  • 2006年4月
    日本大学医学部付属板橋病院、長野県市立岡谷病院 初期研修医
  • 2008年4月
    日本大学医学部付属板橋病院皮膚科学教室入局
  • 2014年7月
    医療法人社団 眞佑会 肌クリニック 表参道皮膚科院長 就任
  • 所属学会
    日本皮膚科学会
  • 論文
    ●梅田さやか、光谷純郁、稲富徹、松崎陽海、照井正:ブフェキサマク含有クリームを顔面塗布後に喉頭浮腫を合併した接触皮膚炎症候群の1例. 皮膚科の臨床56(1):65~69,2014
    ●梅田さやか、葉山惟大、中島久美子、谷ケ崎博、照井正:皮膚慢性移植片対宿主病(GVHD)に対するナローバンドUVB療法. 最近のトピックス2014・臨床皮膚科68(5):105~109,2014
  • 尾﨑 峰

    日本形成外科学会専門医
    日本レーザー医学会専門医
    日本頭蓋顎顔面外科専門医
    医学博士

    • 2000年
      東京医科歯科大学医学部医学科 卒業
    • 2002年
      東京大学付属病院 形成外科 医員
    • 2003年
      杏林大学付属病院 形成外科 任期助手
    • 2007年
      杏林大学付属病院 形成外科 助教
    • 2010年
      杏林大学付属病院 形成外科 講師
    • 2014年
      杏林大学付属病院 形成外科 准教授
    • 論文
      ●Ozaki M, Kurita M, Kaji N, Fujino T, Narushima M, Takushima A, Harii K: Efficacy and evaluation of safety of sclerosants for intramuscular venous malformations: Clinical and experimental studies. J Plast Surg Hand Surg 44:75-87, 2010
      ●Ozaki M, Takushima A, Momosawa A, Kurita M, Harii K: Temporary Suspension of Acute Facial Paralysis Using the S-S Cable Suture. Ann Plast Surg 61: 61-67, 2008.
    • 書籍
      ●尾崎峰(編著):形成外科・美容外科看護の知識と実際. 大阪、メディカ出版、2010.
      ●尾崎峰、波利井清紀:美容医療とボツリヌス治療. 美容医療のボツリヌス治療. 波利井清紀編. 東京、診断と治療社、2010. p. 2-11.
  • 白石 知大

    日本形成外科学会専門医

    • 2003年
      東京大学医学部医学科 卒業
    • 2003年
      東京大学医学部付属病院形成外科
    • 2004年
      杏林大学付属病院 形成外科 助教
    • 2005年
      静岡県立こども病院形成外科
    • 2006年
      杏林大学医学部付属病院 非常勤臨床助手
    • 2008年
      杏林大学医学部付属病院 助教
    • 論文
      ●Shiraishi T, Kurita M, Narita K, Takushima A, Harii K: Fingertip Replantation with the Use of a Long Vein Graft: Training Young Surgeons in a Feasible Technique to Maintain Optimal Results. J Recontsr. Microsurg open 2.p100-105 2016
      ●白石 知大, 辻 直子, 多久嶋 亮彦, 波利井 清紀:【乳房インプラント再建のコツ】自家組織再建と人工物再建の比較.形成外科58(2):157-166,2015
      ●Shiraishi T, Park S, Niu A, Hasegawa H.: Congenital hypertrophy of multiple intrinsic muscles of the foot. J Plast Surg Hand Surg. 2014 Dec;48(6):437-40.
      ●白石 知大,多久嶋 亮彦,波利井 清紀:【顔面神経麻痺における眼瞼部の治療】 病的共同運動に伴う瞼裂縦幅の狭小化に対する外科的治療戦略.形成外科57(5):497-505,2014
    • 所属学会専門医委員
      日本形成外科学会 専門指導医
      日本創傷外科学会 専門医
      日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 評議員
      日本頭蓋顎顔面外科学会
      日本顔面神経学会
      日本マイクロサージャリー学会
      日本形成外科手術手技学会
      日本手の外科学会
  • 藤木 政英

    日本形成外科学会専門医
    医学博士

    • 2006年
      九州大学医学部卒業
    • 2006年
      都立広尾病院 初期研修医
    • 2008年
      杏林大学病院 形成外科
    • 2010年
      虎の門病院 形成外科
    • 2011年
      国立がん研究センター東病院 形成外科
    • 2014年
      国立がん研究センター中央病院 形成外科
    • 2016年
      杏林大学病院 形成外科
    • 2018年
      皮膚腫瘍外科分野指導医
      日本レーザー医学会専門医
    • 論文
      ●Fujiki M, Miyamoto S, Kobayashi E, Sakuraba M, Chuman H. Early detection of local recurrence after soft tissue sarcoma resection and flap reconstruction. Int Orthop 2016;40:1975-80.
      ●Fujiki M, Sakuraba M, Miyamoto S, Hayashi R. Predictive factors of dysphagia after lateral and superior oropharyngeal reconstruction with free flap transfer. J Surg Oncol 2016;113:240-3.
      ●Fujiki M, Kurita M, Ozaki M, Kawakami H, Kaji N, Takushima A, Harii K. Detrimental influences of intraluminally-administered sclerotic agents on surrounding tissues and peripheral nerves: an experimental study. J Plast Surg Hand Surg 2012;46:145-51.
  • 海 暁子

    H30.4月より担当

    • 2010年
      金沢医科大学病院卒業
    • 2010年
      杏林大学医学部付属病院研修医
    • 2012年
      杏林大学医学部付属病院形成外科
    • 2013年
      東京西徳州会病院形成外科
    • 2015年
      杏林大学医学部付属病院形成外科
    • 2017年
      河北総合病院形成外科
    • 2016年
      杏林大学病院 形成外科
    • 所属学会
      日本形成外科学会 専門医
      日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
      日本創傷外科学会
      日本フットケア学会